(13:30)武蔵小金井まで移動してきていますが、本当に暑い。「killingly hot」という感じ。NHKの放送をこれまで「大袈裟かな」と思ってきたが、今日は「それ以上」と思う。

 なにせ街全体がしらじんでいる。夜明けのそれではない。高温で街全体が白っぽく見える。「外出は危険」というのは人ごとではないので、既に会場に入って涼しい部屋で開始を待っています。

 商売も随分影響を受けている。今週あの暑い中ゴルフをした先輩の話では、「13組がキャンセルした」という。つまり予約の三分の一近くは「暑さ」ゆえにキャンセルになったと。ゴルフが暑さ故にキャンセルになる。あまり聞いたことがない。

 タクシーの運転手さんに「暑いと、皆さん乗るでしょう」と聞いたら、「外に出ていれば」と。つまりあまりに暑いので人があまり外に出ない。なので、売り上げは思ったほど伸びない、と。様々な形で暑さ故の犠牲が出ている。「昔は....したもんだ」とか冗談ではなく口の端に乗せるべきではない。状況が違う。皆で注意しましょう。

 暑さで思い出しましたが、昨日は「ひやっと」した思いを。西麻布で割と恒例となっている3人での食事会のあと、Oさんは帰って、私ともう一人のS君(データ系外資)でBody and Soulに向かった。ところが、ところが真っ暗。「ひょっとして」と愕然。

 店を代えて茶を飲みながら調べたら、16日は開店、18日も開店で、なぜか17日だけ「お休み」だった。ママにも久しく会ってないので会いたかったが、17日はかなわず。いいジャズの店なんですよ。

 茶を二人で飲みながら、「近くに住む友人」を思い出した。A君。誘ったら「伺います」と。いろいろ話して面白かった。彼は音楽関係。しかし今の世界はどこかで繋がっている。意外なところから話が発展して良かった。